俺は満員電車が嫌いだった。
 

ざわめく喧騒。ごみごみとした人。否応なしに詰められる距離。


「歪みの」駅のホーム。




俺はもうこんな世界にうんざりしていた。


さっさと辞めてやる。




「まもなく電車が参ります。」

俺は目をつむり、ホームから身を投げる。









気がつくと俺は電車のホームに座っていた。目の前には真っ黒の列車が止まっている。おかしい先ほど確かに飛び降りたはずだが。

 

「これは冥界へと続く電車です。」

俺の背後から声が聞こえた。

車掌のような格好だが、顔はなく、首の上が帽子となっている。



「私はトレインマン。現世から冥界への案内人です。」

「そうですか。よかった私は死ぬことができたのですね。冥界でもどこでも連れて行ってください。」

「承知しました。ではどうぞ。電車の中へ。」



中は人がポツリポツリといるだけだ。誰もが顔が青白い。

「彼もまたあなたと同様に本日、死んだ人々です。」



トレインマンがそう説明すると、彼は車両の前の方へと歩いて行った。しばらくすると電車が動き出す。周りの景色が動き出した。

「おぉ。」

私は窓の外を見て思わず声をあげる。まるで銀河鉄道。星々がきらめき、宇宙空間を走っているかのようだ。



「今からしばらくの間、この空間を電車は走ります。」

アナウンスの声が聞こえた。先ほどのトレインマンのものである。




と、突如、電車のスピードが緩み始める。




「申し訳ございません。どうやら新たに乗客が増えるようです。」

トレインマンの声が聞こえた。

「先ほど現世で起きた人身事故で、運悪く電車がひっくり返り、大量の死者が出たようで。」



電車はホームで止まる。




溢れんばかりの人々が電車へと乗ってきた。